ポポー

ポポーを収穫するまでの1年間の様子

幻の果実、ポポーは9月しか収穫することができない、貴重な果物です。

そんな甘くておいしいポポーが収穫できるまでに、ポポーの木がどんな様子なのか、どんな手入れをしているのかをご紹介します。

ポポーを育てている方はぜひ、ファーム池の沢のポポーの様子を参考にしてみてくださいね♪(ファーム池の沢のポポーは、静岡県清水区の温暖な気候で育てています。)

【10月】収穫後はお礼肥を

9月の収穫を終え、たくさんの実をつけてくれたポポーの木に、インドネシア研修生からお礼肥のプレゼント!!

越冬する前に肥料をたっぷり与え、栄養を蓄えさせます。

PA110588.JPG PA110589.JPG

【11月】紅葉

ポポーの紅葉が見頃となる時期です。ポポーは落葉果樹なので秋~冬になるとすべての葉が枯れて落ちます。

PA310340.jpg PB060345.jpg

枝をよく見ると、来年の花芽がしっかりついています。

【2月】花芽の出現

ポポーの木は、枝ばかり…のように見えますが、よく見るとシュッと細長い頂点(葉芽)と、ま~るい花芽があるのがわかります。

ポポーは着々と実をつける準備をしているのですね!

P2200743.jpg P2200742.jpg

【4月】ポポーの花が満開に

蕾から花弁が顔を出したばかりの時は、新緑のようなうすい緑色、そして満開になるにつれ『えんじ色』に変わります。

いろいろな品種が順に咲いていくので、長く楽しめます。

P4300129.jpg

【4~5月】ポポーの幼果

花が散り、暖かくなってきた頃にポポーの幼果が確認できます。

幼果.jpg

【5月】摘果作業

1つの花から多いもので8~9果、これを3~4果に減らします。

成長した姿を想像しながらくっつきすぎないようにします。

キズのあるもの、形が悪いもの、隣りと近いもの、実だけでなく葉が触るとキズになるので、余分な葉も落としていきます。

高い位置に生っている実より、低い位置の実を残します。高い位置の実は、夏の台風で木が揺すられた時に落ちやすいためです。

将来の姿を想像しながら一つ一つの実に『頑張れよ~』と声をかけて作業をしています。

P5060017.jpg

【6~7月】成長

ポポーの実がだんだんと大きくなってきました。

大きくなると、実が重たくなり枝が下がってくるので、丁寧に見ています。
収穫が楽しみになってきますね♪

【8月】実割れ発生

高温多湿が続くと、ポポーの実割れが発生します。

これでは商品にならないため、摘果作業を行います。
7月末~8月にかけて起こることが多いです。

P8190197.jpg

【8月】台風による被害がでることも

夏の台風によって、出荷直前の大きくなった実が落ちてしまうこともあります。

たくさんの実が落ちてしまうと、収穫量が減ってしまい発送に影響が出てしまいます(泣)

taifoo2.jpg

【9月】ポポーの出荷開始

ついにポポーの収穫が開始(゚∀゚)

9月上旬には、ポポーの収穫が始まり、順に発送していきます。
中旬頃になると、ポポーの収穫は最盛期を迎え、辺り一面が甘い香りに包まれます。

P8240213.jpg P8310219.jpg

ポポーは、肥料を与え、実を厳選し、日光による実割れや台風による被害に耐え、1年かけて成長して、やっとみなさまの元へとお届できるのです。

毎日、わが子のように愛情込めて育てています。

ぜひ、ファーム池の沢の甘くておいしいポポーを食べてみてくださいね♪